タブレット

seoマスターで快適なインターネットを実現~サクサクネット生活~

逆seoの利用

Web制作

逆SEOの今後の動向についての予測

一時期は大いに話題になった逆SEOですが、最近では狭義の逆SEOのみを行う会社というのは少なくなってきており、掲示板の削除対策や弁護士などと共同で行う法律的な面での補助などを併用するが主流になっています。というのも逆SEOのような他者を攻撃する工作が鹵獲した場合、その話題が再度取り上げられる結果になったり後々まで悪評を残すことになりかねないという問題が判ってきたためです。そこで逆SEOをやる前に名誉棄損での法律での対応や管理者に削除依頼をだすなど別の部分で対策を行い、それでもどうしようもない場合は逆SEOを行うというが最近は基本となってきているのです。また検索順位を下げるにしても、ネガティブな内容の記事を下げる工作ではなく、良い情報が書かれた記事を上げるという方法が取られることが多くなってきており、狭義の逆SEOは今後減っていくと思われます。

利用する際の注意点について

逆SEOというのはSEOに比べて効果が確認しにくい物ですし、根本的な解決とならないことも多々あります。書き込まれている内容が事実無根の場合や名誉棄損など個人や会社への攻撃の場合、一つや2つ検索順位を下げた所で根本的な問題になりません。それよりも警察などを頼って法律で裁くという事を行った方が対策になります。また昨今では転載記事でブログを作るというのも珍しくなく、一つのサイトで公開されそれが話題になれば大きな所から小さなところまで各所に転載されます。なので単純に検索順位を落とす逆SEOではなく、良い情報であったりそのデマなどを打ち消す情報を上げるSEO対策を行う方式が主流になってきているのですが、逆に言ってしまえばこれは逆SEOでなくてもよいという事になります。なので逆SEOに拘るのではなく、広い対策を考えて実行していくことが大切です。