タブレット

seoマスターで快適なインターネットを実現~サクサクネット生活~

逆SEO対策の基本

男性

逆SEO対策を行う際の工夫について

逆SEO対策の基本となるのが、中身が無いと検索サイトに判断されるサイトを作る事です。一般的に、SEOで検索順位が上がる大きな目安としてリンク数があるのですが、このリンク元の内容がコピペやキーワードのみが大量にあると言った中身がないとコンピューターに判断されると、工作を疑われ検索順位が落ちるのです。つまり一般的なSEO対策の逆をやるわけですが、ここで重要なのが逆SEO対策と言ってもこういったリンクの中身はそれなりに充実していないと駄目という事です。なぜかというと、あまりにも中身がないリンクなどは検索サイトから除外されたりそもそも判定の数に入らない事も多くあるためです。そのため逆SEO対策というのはSEO以上に手間や暇がかかる物であり、行うのであれば専門の業者などに依頼する事をお勧めします。

現在の取り組みについて

そもそも逆SEO対策というのは、企業や個人に対してのネガティブイメージがインターネット上に残っているときに、そのサイトなどの検索順位を下げるという物なのですが、最近ではむしろポジティブな条件を上げたり個人の名前であれば同様の名前をSNSなどで使う事で検索妨害するという方式が主流となっています。また逆SEO対策のみでは根本的な解決にならない事例が多いという事が最近は判明しており、逆SEOのみではなく掲示板やブログの管理人や管理者への通告や依頼による記事の削除や、法的な対応を支援する企業というのが増えてきています。このように、昨今では検索順位を落とすだけではなく複合的に「問題の解決」の手助けをするという取り組みが主流になってきているのです。